iphoneが充電できない時の心得|修理を覚悟する

作業者

調子がおかしいと感じたら

携帯

2年以上利用した端末

2年以上利用しているiphoneは充電できないトラブルが稀に発生します。その原因は端末下部にあるコネクタ部分の故障で、これを直すためには交換が必要です。交換作業は通常、専門の業者に依頼することになりますが、実は個人でも専用の道具とパーツがあれば可能です。パーツ、道具それから交換方法についてはネット上で調べたり購入したりすることが出来ます。スムーズに作業が進めば1時間程度で終わりますが、1つだけ注意しておきたいことがあります。それは無理に交換作業を進めないことです。裏蓋が閉まらないであるとか、コネクタ部分がうまく設置できないであるとか、そういった時に無理矢理作業を進まないように注意しましょう。コネクタ部分が破損して、再び充電できなくなる可能性があります。

個人での修理が難しいなら

もしそういった事が嫌で個人で交換作業を行いたくないと思うのであれば、素直に業者に依頼するようにしましょう。数々の実績がある業者は充電できないiphoneを確実に修理します。コネクタ部分の交換作業であれば1日で終わり即日で端末を受け取ることができます。もちろん業者に依頼する場合は、費用が必要になりますが交換作業だけなので、1万円以内で済むことが多いです。充電できないままのiphoneを使い続けていても全く意味がありません。バッテリーの残量が完全に無くなってしまえば、持っている意味がないので、すぐにiphoneの修理依頼をしましょう。充電できない状態になったら、いずれかの方法で直すようにしてみましょう。

スマホ修理

男性

iphone修理は正規店では高いというのが現実です。しかし正規店以外でも修理は行なっています。中でも中目黒にあるお店は、特に安く修理を行なってくれます。iphoneを修理した後にも、サービスとして不具合があったときに直してくれますのでお勧めです。

Read

より強度なものに

携帯電話

iphoneを使用している人も多いのですが、iphone6以降フォルムが全体的に丸みを帯びたデザインになったため、ガラス面が割れやすくなりました。それを防ぐためには割れないケースを選ぶことが大事です。

Read

スマホが故障した際

女性

iphoneをはじめとしたスマートホンは、液晶画面が割れてしまうというトラブルにあいやすくなっています。その修理にあたっては、正規の窓口のほか、より迅速に修理を終えてもらうことができる、修理業者のサービスを活用してみるといいでしょう。

Read