より強度なものに| iphoneが充電できない時の心得|修理を覚悟する

iphoneが充電できない時の心得|修理を覚悟する

女の人

より強度なものに

携帯電話

修理依頼が増えています

iphoneは毎年新しいモデルが登場し、そのたびに買い換える人も少なくありません。また新しいモデルをいち早く購入するのもユーザーの楽しみの一つでもあるようです。とは言えiphoneは決して安い買い物ではありませんから、ほとんどの人は同じモデルを数年間使い続けているのが現状でしょう。iphoneはiphone6以降サイズが大きくなり、フォルムが全体的に丸みを帯びたものに変更されました。そのためiphone6以前のモデルに比べると、落としたときにガラス面が割れやすくなり、修理を依頼する人も増えています。落下でガラス面が割れるのを防ぐためには、落としても割れないケースを使用するしか方法はありません。

落下させても大丈夫

まず落としてもガラス面が割れないケースを選ぶ際には、iphone6に合うサイズのケースを選ぶ必要があります。iphone6とiphone6プラスではサイズが違うのでケース購入の際は注意しましょう。またケースの素材もハードタイプやソフトタイプもありますし、手帳型になっているタイプのものもあります。ガラス面が割れないタイプのものを選ぶためには、iphone6本体をガードできるものがおすすめです。もし落としてしまっても本体をガードしていれば落としても割れないので修理依頼をせずにすむでしょう。また、さらに割れないようにするためにはガラス面にガラスシートなどを貼ってカバーすればさらに強度が増すのでおすすめです。